お葬式のメッセージを伝える方法

admin, 14.05.2013

知り合った人のお葬式が開かれる時、自分も出席をするべきか悩む程度の間柄の場合は、どうすればいいのか悩んでしまうかと思います。それほど親しくは無いものの、仕事の取引先の人であるのなら、お悔み電報を使うのが良いかと思います。電報の使い方はお祝い事などいろいろあるのですが、お葬式の際にメッセージを伝えるのであれば、業者が供花などを便箋に添付してくれるお悔み電報が失礼なく使えるので、ぜひ利用してみてください。

お悔み電報は、仕事先の人のお葬式以外にも、近しい間柄の人にも使うことが多いです。最近はお葬式の形態にもいろいろなものがあります。中にはごく一部の親族のみで行う家族葬というものを選ぶ人も少なくありません。家族葬を行う理由としては、お葬式は辛い事なので、ひっそりと行いたいと考える人や、お葬式は大勢を呼ぶと予算が非常にかかってしまうので、出来るだけ規模を小さくして今後の生活に備えたいと考える人もいるようです。

自分がお葬式に出れないという状況であったとしても、お世話になったという人ならばお悔みの言葉は伝えるべきです。そのような時はお悔み電報を使い、今までの感謝の気持ちをご遺族に伝えると喜んでもらえるかと思います。

Comments(0) More